ホーム >> 取扱商品 >> 白木弁当箱(柴田慶信商店)

白木弁当箱

商品詳細

炊き立てのご飯をさっと湿らせたわっぱのお弁当箱に詰める。お昼に蓋を開けた瞬間にやさしい杉の香り、口に運んだご飯のそのしっとりとした食感、お米の本来の、甘味、うまみを噛み締め、こんなにも冷やご飯が美味しいものかと驚くことでしょう。余ったご飯をいれておひつ代わりにも使えます。

長手弁当箱は鞄に仕舞いやすい細長い形です。箸を一緒に包み込んでもはみ出しません。ハンカチで包みやすい形です。

つくし弁当箱:食べ終わると逆さに収納できます。

きこり弁当箱:昔の人は蓋・身の両方にご飯を詰めて二食分入れて使用しました。
現在は中子を付け、おかずとご飯を分けて入れられます。

丸弁当箱:二段重ねができるように作られています。あまったご飯を入れ、おひつ代わりにも使えます。

布袋弁当箱:一人用のお弁当箱のほか、おむすびやサンドイッチなどをいれて行楽のお供に。

竹の子弁当箱:五段重ねのお弁当箱です。食べ終わったら入れ子になり、収納できます。ご飯とおかず、食後のお菓子にお酒のおつまみまでひとつで持っていけます。

白木の商品をご使用前には、その都度、水を張り、内側の表面に水が行き届いてから水を捨て、乾いた布で軽く拭きとってからご使用ください。水の膜を作ることが、ごはんのこびり付きなどを防ぐことへと繋がります。

サイズと本体価格

おさなご弁当箱:8,000円
手の平弁当箱(上げ蓋):8,000円
手の平弁当箱(被せ蓋):8,800円
小判弁当箱(小):8,000円
小判弁当箱(大):10,000円
長手弁当箱(小):10,000円
長手弁当箱(大):13,000円
つくし弁当箱:12,000円
きこり弁当箱:13,000円
丸弁当箱:7,000円
布袋弁当箱:20,000円
竹の子弁当箱:45,000円

お取扱商品については、在庫、サイズ、価格など一度お問い合わせ願います。

※色は画面上のサンプルです。ご覧頂いている環境によって印象が異なる場合がございますのでご理解くださいませ。

修理について

商品が壊れてしまった場合、状況に応じまして有料(または無料)にて可能な限り修理いたします。
お見積もりをさせていただきますので状況(状態)を一度お問い合わせください。

  • お手入れの方法