ホーム >> blog >> 大館曲げわっぱ・工房だより№4

大館曲げわっぱ・工房だより№4

2010年1月28日|Author : shibata
カテゴリー : blog| タグ: , ,


こんにちは。曲げわっぱの柴田です。先日、出掛け先で店員さんにわからない事を聞こうと声を掛けたら・・・「違います(店員じゃないです)」と言われてしまいました∑( ̄□ ̄;)!! 確か、日曜日のサザエさんが同じことをしていたような。。。こういうことが、結構あります。

さて本日は「小判弁当箱」の「底板」の製材について^^

長~いですね~

長~いですね~

何歳でしょう?

何歳でしょうね?

約メートル

長さは12尺・・・3m60㎝以上!

長いです~!!贅沢に使用します。こんなに長いのに節がひとつもありません~!!「いい材料だっ!」と言い切ってました(笑)

まずはこの長さを半分に切り、その後、底板の厚さに製材していきます。

「やるぞ~」ですかね

「やるぞ~」ですかね

何枚取れるでしょうか?

何枚取れるでしょうか?

一瞬も見逃せません

一瞬も見逃せません、、、

見ているとコワいような

見ているとちょっとコワいような気がします

刃物の回転が見ていて「コワいなぁ」という感じ。もしも・・・!?なんてことを考えると声を掛けられません。ただただ、黙って見守りました(笑)しかも製材機械の音といったら~><!大声でも会話出来ないくらいの音なんです。出てきた後、私の耳がぼわーんとしていました。

そしてこれはどこから製材してもよいわけではなく、柾目に製材をします。すぱすぱと(簡単ではないのですが)同じ厚さに揃って仕上がっていきます。「曲げ」の時も思いましたがキレイに見えてしまうのは、、、天然秋田杉の素材によるところも大きいですよね。とにかく、美しい!!

どんどん製材されて

どんどん製材されて

積み重ねられていきます

積み重ねられていきます

何用の底板か、記載ます

何用の底板か、記載ておきます

熱い曲げ工程の後は、真剣勝負の(!)製材。こういう工程もあるのですよね。次回は、こちらの「底板」を「抜く」工程をお伝えします♪それにしても大きい音でした。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週土曜日30日の午前7:30~の「知っとこ!」という番組の「今週のコレ知っとこ!」のコーナーで「親子で紡ぐ匠の技」という特集に、柴田慶信・昌正が登場いたします^^ぜひご覧下さいませ☆(秋田では放送されていないんです・・・涙)





2 Responses to “大館曲げわっぱ・工房だより№4”

  1. ジュリア Says:

    こんにちは!はじめまして。
    「知っとこ!」今、観させていただきました。
    こちらは、福岡県です。RKB毎日放送で観ました。
    曲げわっぱも、柴田さん親子の絆も、すばらしいですね。
    つくしちゃんも、可愛い~♪つくし弁当箱もすごいアイデア~!いいですね。2段使用時でも、容量はお子さん向けなんでしょうか?

    夫が、職場に毎日お弁当を持っていくので、
    今、通販もあるのかな。と思ってサイトを拝見していたら、ブログを見つけてコメントをさせていただいています。

    お弁当箱に、「しきり」は、ないんですよね?夫は、なぜか、しきり、しきり、と、しきりに言いますもので。

    それから、テレビに出てきた、パン皿もステキですね。
    他のも、今から、ゆっくりサイトを見させていただきます。
    それでは、ステキな番組、ありがとうございました。

  2. shibata Says:

    >ジュリアさん
    ジュリアさん、はじめまして。
    「知っとこ!」をご覧いただきありがとうございます^^福岡県では放送されていたのですね!実は、こちらではまだ誰も観ていなんです~(秋田県では放送されていないので・涙)どんなふうに伝わったでしょうか!?

    つくしも「つくし弁当箱」が完成した当初は小さな幼稚園児でしたが、今度の春には三年生です。あっという間ですね~。毎朝、ヘアスタイルも自分なりに気にして(笑)学校へ行ってます。

    つくし弁当箱は、小さなうちは一段で足りますし、現在のうちのつくしには(笑)もう二段使用になりますね。詰め方にもよりますが、大人の私にもちょうどよい大きさです。

    旦那さまのしきり、しきり・・・(笑)!!しきりはついております^^きこり弁当箱や丸弁当箱など、丸いものを除いては、しきりがついていますので、旦那さまもご安心を!!

    パン皿は用途はもちろんですし、形もかわいらしいのでぜひ使ってみてくださいね♪これからもどうぞ宜しくお願いいたします☆

Leave a Reply



この記事のトラックバックURL

http://magewappa.com/category/blog/100128.html/trackback