ホーム >> blog >> 山桜の皮

山桜の皮

2016年7月21日|Author : shibata
カテゴリー : blog| タグ: ,


こんにちは。曲げわっぱの柴田です。今年もこの季節になりました。「樺」の収穫作業です。(収穫というのかな?)曲げわっぱの綴じ目には山桜の木の皮(樺)を使用していますが、この「樺」も天然秋田杉同様、入手がなかなか困難なものなのです。剥げる時期(季節)が決まっていて、早すぎても遅すぎても、取れない(剥けない)のです。そして、なんたって、「山桜」でなくてはならないのです。

タイミングを見計らって、いざ、「柴田慶信の山」へ!行ってはみたものの「まだはえすぎだ(まだ早すぎた)」と戻ってくる時も・・・

樺剥ぎ

樺剥ぎ

気持ちよく、する~っとめくれるみたいです。剥いだ後は、なんだかかわいそうですけど、剥いでも山桜の木が枯れるということはなく、また来年花を咲かせてくれるそう。

実は柴田慶信、昨年、山桜の植林をいたしました。何年か先に、使えるようにと。

H27初夏

H27・7

頼むぞ・・・

頼むぞ・・・

そして今年、無事に根付いておりました!!「もう大丈夫だべ」とのこと。よかった~(^u^)なんか嬉しそう(笑)

H28・7

H28・7

やった~!

やった~!

何年か先に(何十年?)製品の一部となります。それは、こちらの山桜です♪

実は柴田慶信、昨年山桜の植林をいたしました。何年か先に、使えるようにと。




2 Responses to “山桜の皮”

  1. みい Says:

    こうしてみると、なんと貴重なものを使っているんだ!としみじみ思います。
    みなさまが自然との闘い?を経て杉や樺を選別し、
    我々に美味しいご飯を口にできる魔法の器を作成する…
    大切に使わないとなと改めて思いました!

    我が家の弁当箱の樺も気がついたらとれているものも
    けっこう出てきました。
    また閉じ直しをお願いすると思いますが
    よろしくお願いします。

    追伸
    ほんとに会長さま、お元気そうで何よりです(笑)

  2. shibata Says:

    >みいさん

    そうなんです。脇役のようですが、山桜の皮も、なかなか貴重なんですー!樺綴じが施されていないと、なんだか物足りないですもんね、曲げわっぱは。

    綴じ直しはいつでもOKです^^

Leave a Reply



この記事のトラックバックURL

http://magewappa.com/category/blog/160721.html/trackback