世界の曲げものミュージアム| 柴田慶信商店 大館曲げわっぱ

世界の曲げ物ミュージアム

わっぱビルヂング店(下記注釈あり)では、世界各国で作られた曲げ物、日本各地で作られた古い曲げ物を展示しております。これらは柴田慶信が数カ国、日本各地を歩き回り集めた曲げ物です。The products of magemono made around the world and the old magemono made in Japan are exhibited in Wappa Building Store. Those are the magemono that Yoshinobu Shibata collected in some countries and all over Japan.

そしてこの曲げ物たちは、柴田慶信にとっての師匠でありデザインや創造の大きなヒントをくれる先生にもなりました。弟子にもつかず、曲げ物の技術を習得するには先人たちの作った曲げ物は柴田慶信にとっての道しるべとなりました。The products of magemono themselves became his master and teacher that gave him some hints of design and inspired him with creativity.

柴田慶信商店のはじまりは先人たちの作った今に残る「生活の道具である曲げ物」なのです。それらは多くのことを柴田慶信に教えてくれました。親から子へ、子から孫へと使われたものには使われてきた過程の物語、足跡が垣間見えるのです。He was not apprenticed to anybody and did not have any chances to learn some techniques of magemono from somebody, but those magemono made by ancestors showed him the way to acquire the techniques.

そして柴田慶信商店が届けたいもの、それも、ずっと繋がっていくそんな曲げ物です。The root of Shibata Yoshinobu Shoten was ancestors’ magemono left from old times which were used as living tools. Each of them taught Yoshinobu a lot of things. Everything used from generation to generation has each story and trace, and we hope our magemono will be the one for you.

シェーカーボックス<アメリカ>Shaker Box 〈The United States〉

シェーカーボックス<アメリカ>

シェーカーボックス<アメリカ>

シェーカーボックス<アメリカ>

  • 材質:チェリー材、バースアイメイプルMaterial: cherry wood & bird’s eye maple
  • つなぎ:銅くぎConnection: copper nail

シェーカーボックスは、18世紀後半から19世紀にかけてニューイングランド地方でマザー・アン・リーをリーダーとするシェーカー教徒によって作られました。いろいろな大きさの木箱は163年間にわたって作られ、現在も複製品が製作されています。A shaker box was developed by the Shakers whose leader had been Mother Ann Lee in New England from the late 18th century to the 19th century. Wooden boxes in different sizes had been made for 163 years, and their replicas are made even now.

バター入れ<チベットニカズエ民家93’ 3.26収集>Butter Box 〈Shigatse, Tibet (collected on March 26, 1993)〉

バター入れ<チベットニカズエ民家93’ 3.26収集>

バター入れ<チベットニカズエ民家93’ 3.26収集>

  • 側:竹Side material: bamboo
  • 上蓋:柳Upper lid material: willow wood
  • 底板:柳Base plate material: willow wood

三代にわたって使われていたバター入れ。ヤク(チベット産の牛)の乳で作ったバターを入れていました。This butter box had been used for three generations. It contained butter made from the milk of a yak.

クリスマス用ろうそく立て<スウェーデン>Christmas Candleholders 〈Sweden〉

クリスマス用ろうそく立て<スウェーデン>

クリスマス用ろうそく立て<スウェーデン>

  • 底板:白樺Base plate material: birch wood
  • 仕上げ:亜麻の油と他の混合Finishing coat: linseed oil & the others
  • つなぎ:白樺の木の根Connection: root of birch wood

クリスマスの4週間前の日曜日に1本ろうそくを灯し、その後の日曜日ごとに、ろうそくを増やしていき4本すべてに火が灯ると待ちに待ったクリスマスになるということです。A candle is lid on Advent Sunday, and the rest of three candles are lid on the following Sundays before Christmas.

貴族の帽子入れ<ドイツ>Hat Box Once Belonged to an Aristocrat 〈Germany〉

貴族の帽子入れ<ドイツ>

クリスマス用ろうそく立て<スウェーデン>

木を薄い板状にし曲げたもの。合わせ目の縫い止めには木の根を用いています。A thin sheet of a wood board was bent to make the hat box. The joints are the root of a wood.

桶<フランス>Pail 〈France〉

桶<フランス>

桶<フランス>

  • 側:栗Side material: chestnut wood

穀物を量るマス。1780年から1820年頃(ナポレオンの時代)に使用されていた。This type of pails had been used to measure grain from about 1780 to 1820(the Napoleonic era).

お櫃(ひつ)<日本>(小判型・丸型)Ohitsu 〈Japan〉 (oval shape & round shape)

お櫃(ひつ)<日本>(小判型・丸型)

お櫃(ひつ)<日本>(小判型・丸型)

庄屋(江戸時代の村政の責任者、名主)で使用されていた。小作の為に使われていたもの。This ohitsu, a rice container, was possessed by a village headman. The village headman used it for sharecroppers.

一升(いっしょう)わっぱ<日本>Issho Wappa 〈Japan〉

一升(いっしょう)わっぱ<日本>

一升(いっしょう)わっぱ<日本>

蓋と身の両方にご飯を入れて使用されていた弁当箱。蓋に五合、身に五合を入れ、合わせて一升入れていたのが名前の由来。夜が明ける前から山仕事などに出掛けていた時代に、朝食、昼食を合わせて持っていったとされる。Both of a lid and a body of the lunch box were filled with rice. About 750g of rice was filled in each part of the lunch box, and the total amount of rice was about 1.5kg. Issho (一升) is the unit of old Japanese measurement for about 1.5kg, and the name of Issho Wappa comes from the unit. Ancestors who worked in mountains before daybreak used Issho Wappa to bring their breakfast and lunch at the same time.

腰弁当<日本>Koshibento Lunch Box 〈Japan〉

腰弁当<日本>

腰弁当<日本>

「野駆け弁当」とも言われ、馬に乗って野を駆けまわっていた時代に腰に下げて持ち運べるようにできた形の弁当箱。Koshi (literally waist in Japanese) bento lunch box is also called Nogake (literally run in the field in Japanese) bento lunch box. This type of lunch boxes was developed in the time when more people rode horses to run in the field and needed to carry their luncheon by their sides.

浜わっぱ<日本>Hamawappa Lunch Box 〈Japan〉

浜わっぱ<日本>

漁師が使ったとされる弁当箱。二食分を詰めて、朝の早い漁に出掛けた。食べ終わった後その大きさから救命道具(浮袋)にもなったといわれる。Hamawappa lunch box was used among fishermen in old times. The fishermen who went fishing in the early morning used this type of magewappa to carry their two meals. Some fishermen used an empty Hamawappa lunch box as a lifesaving buoyancy box after they finished eating their luncheon.

わっぱビルヂング店ショップ&ギャラリー 曲げわっぱ製作体験コーナーWAPPA BUILDING STORE | SHOP & GALLERY AND WORKSHOP STUDIO

わっぱビルヂング店

「ここに来れば曲げわっぱのことがなんでもわかる」——2018年に誕生したわっぱビルヂングは、柴田慶信商店の創業者慶信が集めた世界の曲げ物を展示したいという想いから始まりました。“Here is the place where everyone can understand many things about magewappa.” Wappa Building was built in 2018 to exhibit the collection of magemono around the world that the founder of Shibata Yoshinobu Shoten, Yoshinobu, possessed.

 近年秋田県大館市は、秋田犬やきりたんぽなどの地域資源が注目され、国内外からの観光客が増加しています。柴田慶信商店では慶信の思いを継承しつつ、再開発が進むエリアの周遊性向上の機運を高め、観光を振興する為に、体験型コンテンツを盛り込んだ施設を作ることを考えました。In recent years, the number of domestic and international tourists to Odate City, Akita, has increased as a result of increased popularity of Akita dog and its local products like kiritanpo.

市内には年々シャッター街、空き物件が年々増えています。このような状況を踏まえ、市内の空き物件をリノベーションし、多業種のテナントを入れることで、場のつくり方、多様な仕事のあり方、地域・人との関わり方を提案する必要性を感じました。All staff of Shibata Yoshinobu Shoten inherited Yoshinobu’s spirit. We decided to build a facility that enables visitors to get experience in making magewappa, promotes tourism in the area and enhances opportunities for cooperative tourism around the redeveloped area. The numbers of vacant shops and vacant houses in the city have been increasing year by year. Considering such circumstances, we strongly felt the importance to create opportunities and suggest various work styles and new ways the residents engage with others and the community.

地域資源の伝統的工芸品「大館曲げわっぱ」は、人が来る、集う施設のコンセプトの主軸を担っています。Therefore, we renovated a vacant building in the city and welcomed different kinds of tenants.

曲げわっぱの形状が連想させる「輪」「円」「丸」。Odate Magewappa known as a traditional craft and a local product is now the symbol of Wappa Building where people gather.

そこに重ねるのは、入居するテナント相互の「和」、周辺地域に派生するビジネス、交流から生まれる「つながり」です。The shape of magewappa is associated with a circle or a loop, which implies harmony. We see harmony in interactions of the tenants and business relationships among the local residents.

地域、コミュニティづくりにおけるデザインが評価を受け、わっぱビルヂングは2019年度グッドデザイン賞を受賞いたしました。Such our work for community design was highly recognized, and Wappa Building finally won Good Design Award 2019.

わっぱビルヂング店 曲げものミュージアム

わっぱビルヂング店 世界の曲げものミュージアムWorld Magemono Museum in Wappa Build Store