漆 黒拭き漆 擦り漆 折敷 | 柴田慶信商店 秋田県大館市
折敷
折敷
折敷
折敷
折敷
折敷
折敷
折敷
折敷
折敷
折敷
折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 折敷

折敷

販売元
柴田慶信商店
通常価格
¥13,200
販売価格
¥13,200
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 / 配送料は購入手続き時に計算されます。
ご希望の商品の在庫がない場合、お客様のご希望(容量やサイズ、用途など)をお伺いして商品をお見繕いし提案させていただいております。お手数をおかけし恐縮ではございますが、お問い合わせからご連絡いただけますと幸いです。
また、二点以上を同梱するギフト包装・熨斗をご希望の場合は、有料のギフトBOXをお求めください。詳しくは、こちらをご覧ください。
受注生産品や特別注文品は、ご注文から数か月以上のお時間をいただく場合がございます。詳細については、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

商品説明

折敷とは折って敷くという意味で、昔は木の葉を折り敷いて食器の代用としていました。天然杉の丸太の外側、白太部分の柾目を材料として使用しております。良質な天然杉を集成材(断面寸法の小さい木材を接着剤で再構成)にし強度を高めてます。乾燥を促すために、製材した板と板の間に四角棒を均等に並べ積み上げていきます。長年の乾燥により木の重みで押傷が発生します。杉の特徴としてこの風合いもお楽しみ頂ければと思います。

この白木の木地に生漆(きうるし)と呼ばれる透けた漆を摺り込み、専用の拭き取り紙で余分な漆を拭き取る作業を繰り返すことで美しい艶と透けた木目の折敷が出来上がります。仕上げは、黒のすり漆と生漆のすり漆の2種類があります。

サイズ・形

  • W45.7cm × D29.2cm × H1.9cm

焼印名入れ・干支・創作和柄白木製品に限ります

柴田慶信商店ではお客様のご要望にお応えし、焼印での名入れと干支のイラスト、創作和柄の焼印を承っております。焼印は1回につき、1,100円(税込)をお支払いただきます。お名前はひらがな7文字以内でお入れできます。

干支のイラストや、創作和柄3種の焼印もございます。また、「いただきます」「ごちそうさま」など、メッセージやお好きな言葉を入れることも可能です。縦書き、横書きがお選びいただけます。 文字の向きや押印の場所は、製品により異なりますのでお問い合わせください。押印可能な場所は、弁当箱やカップの蓋、底板など、平らな面のみです。干支のイラストや、創作和柄3種の焼印もございます。

詳細は「焼印について」をご一読願います。

名入れと干支、創作和柄の組み合わせも承っておりますので、ご希望のお客様は「お問い合わせ」からお気軽にご相談くださいませ。

*焼印のご用命は全て特別注文として扱わせていただきます。キャンセルはお受けしかねますこと、予めご了承ください。

弁当箱の漆仕上げについて

各漆塗りの写真

弁当箱製品には天然の塗料である漆を使い、仕上げをすることも可能でございます。

漆仕上げのお弁当箱は特注となりますゆえ、キャンセルはお控えいただけますようお願いいたします。 漆の仕上げは5種類からお選びいただけます。

  • シバキ(外側・内側ともに朱合漆を塗り重ねる)
  • 内朱(外側:ウレタン塗装・内側:朱漆)
  • 朱漆(外側・内側ともに朱漆)
  • 黒漆(外側・内側ともに黒漆)
  • 拭き漆(外側・内側ともに生漆を塗り、拭き取りながら重ねる)

柴田慶信商店の漆仕上げは、全て手作業の伝統的な方法です。

吹付けではなく刷毛塗りでおこなうため、製品の表面に「刷毛あと」や「縮み」、「たれ」また「道具あと」が出来ることがございます。時間が経つとともに、漆製品には艶が出て、色が明るくなり漆がなじんできます。

ご愛用のお弁当箱へのシバキ塗りについて

長年ご愛用されたお弁当箱は、シバキ塗り(漆塗り)を施すことが出来ます。詳しくは「ご愛用のお弁当箱へのシバキ塗りについて」のページをご一読ください。